事業案内

薬局事業

患者様と同じ目線に立ち、患者様のことを第一に考え、小さなことでも期待に応えられるよう、日々努めてまいります。

オーエス薬局は薬剤師の幅広い薬学知識や良い接遇の実施に努めます。さらにICTを活用することで、地域社会の健康な生活を増進する「かかりつけ薬局」として、医療費の適正化、医療機関との連携強化、在宅医療の充実、セルフメディケーション(自主的な健康管理)の呼びかけなどに取り組みます。

薬局事業

ICTによるサービスの推進

オーエス薬局では、「かかりつけ薬局」体制の推進を図り、その一環として希望される患者様の服薬履歴をICT化しています。
服薬履歴を参照とした対応を行うことで、薬の飲み合わせや重複がないかを確認し、より安全なサービスを提供することが可能になります。

後発品(ジェネリック医薬品)・在宅医療への取り組み

後発品(ジェネリック医薬品)を積極的に提供し、患者様の負担軽減・医療費削減を図ります。
また在宅医療についても、チーム医療の一員として連携を行い、普及・推進に努めます。

ICTによるサービスの推進

スマートフォンを活用した薬局予約システムの導入

お持ちのスマートフォンのカメラで処方せんを撮影しメールを送信することで、薬を受け取れる時間を知ることが可能な「処方せん メールサービス(薬局予約システム)」を導入。患者様の待ち時間短縮に努めています。

疾病予防・セルフメディケーションの支援

セルフメディケーションとは健康を自分自身で管理すること、軽度の症状を自分で対応することや病気を予防することです。 オーエス薬局では専門知識を習得し、地域の皆様の自主的な健康管理をサポートします。

疾病予防・セルフメディケーションの支援進

標準化の推進

効率的な運営基盤を構築し、安心・安全な医療を維持・推進します。

散薬調剤ロボットの導入

新店舗では散薬自動ロボットを採用し、調剤の一部を機械化することで、薬剤師の負担を軽減するとともに患者様とのコミュニケーションの充実を図ります。

散薬調剤ロボットの導入